くすみ

くすみ

くすみについて

肌がいつもより暗く見えたり、疲れが見える様な症状の事を一般的に「くすみ」と呼んでいます。

 

この症状は急になる物ではなく、長い年月をかけて積み重ねてしまった結果、暗く見えてしまうのです。ですから自分ではあまり気が付きにくいかもしれません。とは言う物のくすみは年齢を重ねていくとどうしても現れてきてしまう物なのです。

 

自分では気が付きにくい事が多いのですが、くすみがあるかどうか気にして見てみると、顔の色と首の色が違っていたり、髪の毛の地肌の色と額の色が違っていたりする等、くすみを感じる事も有ります。

 

これは血行不良が起こったり、皮脂が酸化してしまう事で暗く見えてしまうのです。またお化粧落とすクレンジングを充分に行わないと油分が肌に残ってしまい、その部分が酸化してしまって黒ずみ、つまりくすみとして現れる事もあるみたいです。

 

肌の皮脂が酸化してしまう事で起こる事も有りますので、朝は良くても夜にはくすんでいると言う事も良く有ります。

 

対策としてはくすみが軽い状態の内にきちんとした洗顔をしてしっかりとお化粧を落とす事に有りますし、これ以外にも色んな対策が有ります。

 

くすみをそのままにしておくと、重度のくすみになってしまって洗顔だけでは取る事が出来なくなってしまいます。

 

こうしたくすみと良く似ているのがシミになります。くすみは肌の表面から出ているのに対して、シミは肌の内部から現れてくる違いが有ります。

 

くすみは肌だけと思いがちですが、唇に出来る事も有りますので、出来れば正しい対策を行って、くすみが無いキレイで透明感が有る肌を目指していって頂きたいです。

 

 

くすみ

くすみの原因【紫外線】

「紫外線」はくすみの原因として主に挙げられる物になります。紫外線を肌に当てると、肌の基底層部分に有るメラノサイトと言うところでメラニン色素が作り出されてしまいます。

 

これが俗にいうシミの元になる物ですね。紫外線によってくすみが出来る様になってくると、肌全体的に黒ずんだり茶色っぽく見える様になってきます。

 

紫外線をわざと過剰に浴びてしまう様にしたり、紫外線対策を充分にしないでおくと紫外線の中に含まれているB 波がメラニンを生成してしまいシミやくすみの原因となってしまいます。

 

また紫外線の怖い所はメラニンを生成するだけではなく、皮膚細胞の遺伝子を壊してしまったり、皮膚を酸化させて錆びさせてしまったり、角質のターンオーバーを遅らせてしまうので古い角質が剥がれ落ちずに角質が溜まっていってしまう様になり、結果的にくすみを起こす事になってしまいます。

 

また紫外線の中に有るA 波は皮膚の奥にある真皮にまで届きます。真皮にはコラーゲンやエラスチンと呼ばれる物質が有り、それも破壊してしまう様になるのです。

 

そうなると皮膚の根本が崩れてしまう事になり、ハリが失われ、たるみが起きる様になってきます。また皮膚表面もつるつるではなくて凸凹した状態になります。これもくすみの原因となります。こうした紫外線によるくすみ対策としては、紫外線対策を1 年間通して行う様にする事が大切となります。

 

日焼け止めは毎日付ける様にする、こまめに塗り直す様にする、紫外線が強い時間は外に出る事を避ける、日傘や帽子を利用する等徹底する事が大切となります。

 

 

くすみ

くすみの原因【ホルモンバランス】

ホルモンバランスを崩してしまう事もくすみの原因の1 つになります。ホルモンバランスが崩れてしまうとメラニンを作っているメラノサイトと言った所が過剰に反応してメラニンを生成してしまうからだと言われています。

 

女性の身体をコントロールしているのは女性ホルモンになります。これは身体の状態だけじゃなく、心も肌もコントロールされているのです。

 

肌のハリがなくなったり、乾燥したり、シワ、たるみ、シミ、くすみ、吹き出物と言う様な肌トラブルは女性ホルモンが影響していると言って良いのです。

 

女性ホルモンは常に適量分泌されている訳ではなく、40 歳代あたりから急速に減少していく傾向にありますので、本格的にエイジング対策をしていく必要が出てくるのです。

 

そしてくすみ等の肌ケアに関しても、女性ホルモンを意識して行っていく事が重要視されます。エストロゲンと言う物質は女性ホルモンの1 つになります。

 

卵巣から分泌されているホルモンになります。思春期には分泌量が急激に増え、20?30 代で安定し、40 代以降減少していきます。その上コラーゲンやヒアルロン酸の生成も低下していきますからシワやたるみ、くすみ等が起きてくる様になります。

 

但しこのエストロゲンはホルモンバランスが崩れやすい生理前後にも起きてしまいやすく、シミやくすみが出来やすくなってしまいます。くすみ対策をする場合はこうしたホルモンバランスを整える事も考慮していかなくてはなりません。

 

 

くすみ

くすみの原因【高齢】

年齢を重ねて高齢になるにしたがって、くすみが出来やすくなってしまうのは仕方がない事実だと思います。

 

何故なら高齢になる程、新陳代謝が落ちてきてしまい、肌に有るメラニン色素がなかなか剥がれ落ちなくなってしまい、残ったメラニン色素がシミやくすみとなって出てきてしまうからです。

 

高齢が原因となってくすみが生じているのであれば、茶色っぽいくすみが生じる様になります。これは肌表面に本来排出されるべき古い角質が残ってしまい、厚く硬くなってしまっているからなのです。

 

もし年齢を重ねてきて肌にくすみ、たるみ、シワ等を感じる様になったり、疲れが抜けなかったり、肌全体が衰えてきたなと思ったら早めの対策をする様にしていかなくてはいけません。

 

高齢が原因となって起こるくすみ対策には、食生活の改善から始めていきましょう。ビタミンA やカロテンは皮膚の新陳代謝を促進させる働きが有りますので、積極的に摂りたい栄養分となります。

 

またポリフェノールやビタミンC は抗酸化作用が有りますのでこちらも積極的に摂りたい栄養分となります。アンチエイジング用品として美肌成分がたっぷりと入っているスキンケア化粧品を使い、肌表面からも栄養を補ってあげる必要が有ります。

 

そして規則正しい生活をして睡眠もバッチリ取る様にする事もくすみ対策に有効的です。特に夜10 時〜午前2 時はお肌のゴールデンタイムですので睡眠で成長ホルモンを活発化させてあげましょう。

 

 

くすみ

ホーム RSS購読